お知らせ

第15回ALS 自立支援東葛ネットワーク会議

神経難病研究会からのお知らせ

第15回ALS自立支援東葛ネットワーク会議・神経難病研究会

2019年度プログラム「原点、そして未来へ」

期日:令和元年 11 月 3 日(日)
会場:鎌ケ谷総合病院大会議室(9F)
受付開始 9:40~終了 17:00
開会(10:00~10:10)
  湯浅龍彦(鎌ケ谷総合病院千葉神経難病医療センター)

ご挨拶 井上和人(鎌ケ谷総合病院 院長)

///セッションⅠ(10:10〜11:10)

【ALS 療養支援:台風 15 号体験を含む】
 座長 駒形清則(医療法人財団ファミーユ)

「県の難病医療支援 2019」(15 分)
 佐藤千織(千葉県健康福祉部疾病対策課 難病・アレルギー対策班)

「ALS 医療相談室 25 周年」(15 分)
 川上純子、吉本佳預子、市川千津子(鎌ケ谷総合病院 ALS 医療相談室、
 日本 ALS 協会千葉県支部・東京支部)

指定討論(15 分)

「台風 15 号関連」

 千葉県 ALS 協会川上純子他
「人工呼吸器から見た台風と今後」

総合討論 (15 分)

///セッションⅡ(11:15〜12:30)

【改めて原点を問う】

 座長 井上和人(鎌ケ谷総合病院 院長)
    大山孝二(日本 ALS 協会千葉県支部代表)

「ALS 患者の心理」(30 分)
 森 朋子(臨床心理士、公認心理師・精神保健福祉士、元 ALS 医療相談室)

「ALS を生きる夫を支えて」(30 分)
 照川恵美子(日本 ALS 協会千葉県支部会員)

総合討論 (15 分)

昼食休憩(12:30~13:30)

///セッションⅢ(13:30〜14: 10)

【神経難病】 

 座長 松本良二(野田保健所々長) 

「人は魂で生きる」(30 分)
 湯浅龍彦(KC-MIND・ALS 医療相談室)

討論 (10 分)

///セッションⅣ(14:10~15:30)

シンポジウム【在宅と病院の機能的共同】

 座長 大宮貴明(KC-MIND・ALS 医療相談室)
    高堂裕平(放射線医学総合研究所)

「新たな呼吸リハビリテーション」(20 分)
 寄本恵輔(国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター)

「口腔ケアセンターの役割:つなげるー口から食べること、在宅と病院と」(20 分)
 星 健太郎(鎌ケ谷総合病院 歯科口腔外科/口腔ケアセンター)

「当院における神経難病の誤嚥防止手術の現状」(20 分)
 鈴木 智 浅井昌大(鎌ケ谷総合病院 頭頸部外科)

指定発言(10 分)

総合討論(10 分)

休憩(10 分)

///セッションⅤ(15:40〜16:55)

【特別講演】

 座長 湯浅龍彦(KC-MIND・ALS 医療相談室)

「ALS の症状は何故起こるか」(60 分)
 小野寺 理(新潟大学脳研究所神経内科教授、
  一般社団法人椿神経疾患研究基金代表理事)

討論(15 分)

閉会の辞 (16:55~17:00)

 吉野 英(吉野内科・神経内科医院)

主 催 ALS 自立支援東葛ネットワーク会議、鎌ケ谷総合病院
後 援 日本 ALS 協会千葉県支部

<<Webから申込>>
http://als-chiba.org/
 

  • Category:
  • Author:janss

Facebook